トップ > お知らせ

インフォメーション

新規会員登録

twetter

フラーレン美容液 フラ−レスト商品説明・全成分

    口コミだけで広がったベストセラー美容液

 

製品開発・コンセプト

あらゆるお肌のお悩みに一本で対応できる美容液。

ナノテクノロジー(超微粒子化成分)」と「植物の力」とを融合させて誕生した

新世代のエイジング対応の商品。

最新技術の「ナノ成分」は抗老化や肌の改善に、「植物成分」は肌本来の機能を回復し、効

果的に働きかけ、お肌の悩めるポイントへ集中ケアします。

 

フラーレスト美容液のの魅力・特長



加齢による老化、日焼けや紫外線、乾燥で傷んだ肌へ

話題のフラーレン(認証マーク付)を高配合した美容液です。

肌の抗酸化を防ぎ若々しい肌に整えます

 

 

●肌本来の回復力を促して肌機能を高めるナノタイプの美容成分(EGF、AC-11、フラー

レン、コラーゲン、ピアルロン酸)と「18種類の植物成分」が肌の改善、抗老化に効果的

に働きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●皮膚表面のシワ、タルミに、美容成分プラセンタエキス、EGF、AC-11が効果的に働

き、キメを整えてハリのある若々しい肌を育みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●皮膚の乾燥や衰えた肌に、保湿力、保水力にすぐれたリビジュア、ヒアルロン酸Na

しっとりしたなめらかな肌表面に整えます。

安全設計

 

肌と同じ弱酸性、無着色・ノンアルコール・パラベン無添加の安全設計です。

 


超美容成分フラーレンの特長


活性酸素除去効果

フラーレンはお肌のトラブルや 老化の原因である活性酸素を吸収、消去してくれます。

フラーレンを添加した右の写真は活性 酸素が消去されています。 紫外線によって酸化をおこす活性酸素を、スポンジのように吸収してくれるのがフラーレンなのです。

 

シワの抑制と細胞の死亡を防止

老化のメカニズムは、まず紫外線などの刺激を受けることにより活性酸素が発生します。そうすると皮膚細胞にダメージ→潤いハリを奪う→老化→細胞が死ぬ。

プラセンタの800倍のコラーゲン生成促進力があるフラーレンは、活性酸素による皮膚の細胞死を防いでくれていることがわかります。

 

毛穴引き締め効果

フラーレン濃度が高ければ高いほど効果が期待できます。

美白作用【激】メラニン生成を抑制

化粧品に美白成分としてよく使 われるビタミン C の100倍以上の抗酸化力を持ち、たくさんある美白成分の数倍から数十倍の作用があります。

フラーレンを添加した右図はメラニンがほとんどありません。図のように、フラーレンには、シミやクスミの原因である紫外線やストレスによっておこる黒色のメラニンを大幅に減少させています。紫外線などで過剰に生成されたメラニンをフラーレンは除去しメラニンによる色素沈着を改善してくれています。


脂肪細胞(セルライト)蓄積の抑制効果

フラーレンは細胞が取り込む脂肪を取らないように抑制します。年齢とともにお顔が大きくなる心配がなくなります。

紫外線防護

一年中ふりそそぐ紫外線をフラーレンが防護します。

 


 

たくさんのご意見ご評価をいただいております。

お客様からいただいたご意見へいく

 

 

サンプルをお試しの前に
まずお顔の半分でお試しいただき、使用していない半分のお顔と比べてください。 違いがわかりやすく体感できます。

 

  

使用方法 例 (様々な使い方が可能です)

-------------------------------------------------------------------

 step1            step2           step3          step4

    洗顔料            モイストローション    フラーレスト美容液    フラーレストクリームFin

フラーレストシリーズ

ご使用方法(標準)
@適量を清潔な手のひらに取り、指先で顔全体になじませます。
A肌の乾燥する部分や、小ジワやシワ、タルミの気になる部分には重ねづけします。
B夜はフラーレストモイストローション→フラーレスト美容液、その後フラーレストクリームFINをセットで
 お使いいただけますと効果的です。朝は化粧下地としてもご利用いただけます。
※化粧水→フラーレスト美容液→グレイトナノエッセンスかスペシャルナノエッセンスまたはクリームなど個々の肌質に合わせ
 てもご利用いただけます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
 

化粧品そしてお肌への 3 つのこだわり

お肌に優しい使用感であること。添加物をなくし有効成分を自然界から求めて植物主体にすること。そして理屈でなく綺麗にならなければ意味が無いということ。

 
 

 ■美容成分

成分配合表を見る