トップ > お知らせ

インフォメーション

新規会員登録

twetter

低刺激化粧水 ナチュアローションしづきの商品説明・全成分表示






 
比べてください! ナチュアローション“しづき”ココ違う理由!

理由@ 乾燥・ニキビ・赤み の肌へ
不安定な肌に、鎮静・抗炎症に優れているといわれている「アズレン(甘草エキス)」を高配合したローションです。

紫色(※1)のローションはアズレン(※2)高配合の証です。
※@アズレンの天然色です。合成着色料ではありません。高配合は紫、低配合は無色
※Aグリチルリチン酸2k=アズレン(甘草)
 

 

理由A 肌荒れ・乾燥肌に



 

「10 種類の植物エキス」を配合。肌本来の回復力を促し肌機能を高めます。
「ヒアルロン酸」を高配合。保湿効果に効果的。

爽やかな使用感と豊かな保水力で乾燥しがちな肌の水分を補い肌のコンディションを整えます。

 

理由B シミ・ソバカス対策、色白効果へ
色白効果に優れてるといわれている桑白皮エキス・クロレラエキス」透明感のある肌へ


理由C 低刺激で安全!

トラブルの原因となる刺激を抑えるために厳選した原料のみを使用しています。
弱酸性、無香料、無着色、ノンアルコール、ノンパラペンの安全設計。



色々な使い方ができます!

化粧水を含ませたシートマスクを、 そのままお顔の上に数分間置いて


暑い時期はクーリングマスクとして、
冬は保湿マスクとして

洗顔後の保湿ふき取り用として
※市販のふき取り化粧水とは、化粧水にアルコールを入れたものです。油分を分解する作用がりますが本品はノンアルコールですので、油分を分解はしません。保湿用ふきとりとしてご利用ください。  
お肌の敏感なお子様用にまた、
思春期のお子様に
お父さんの髭剃り後のケアとして

肌は、季節や環境、体調によって状態は変わります。
その時の肌の状態を確認して、それに合った化粧水を選びましょう。

 


試した方へ伺いました!(発売前にモニターしていただきました)

不思議な化粧水ですね〜〜〜〜
おもいっきりパシャパシャ系形状なのに、ものすごくしっとり潤います。
肌に乗せてしっかり浸透させたときの感覚はモイストローションのようなトロミ系を使用したような感覚です。
2 度付けしたらクリームいらないんじゃないか?くらい。もちろん全く刺激なしです!!!
あと、しばらくしてお肌を触ったら…柔らかい。。。。
なんですかねこの柔らかさ。赤ちゃん肌…は、言い過ぎかな(笑)


千葉県40 代




使用方法
コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、お肌のすみずみまで十分にパッティングし
ます。(下から上に軽く)


※お肌が不安定な時(紫外線を浴びた後の赤くほてった肌を含む)は
適量を清潔な手のひらに取って、指先でなじませます。

保管方法

※高温、直射日光のあたる場所で保管しないでください。
※本品は合成色素を配合しておりません。中身のアズレンの紫色の原料色が薄くなることがありますが、品質に変化はありませんから安心してお使いください。

※製品をよりご満足いただくため、成分が制限され品質低下をまねくため、あえて医薬部外品にしておりません。
 
 

 


■主な美容成分

・アズレン カモミールなどの精油から抽出される濃青の成分。昔から胃腸薬、目薬、うがい薬など優れた鎮静効果、消炎効果のある民間薬として用いられた成分です。特に、赤みがあり、刺激を受けやすい不安定肌に対して、アズレンの働きで、ストレスに負けない安定した肌に整えてくれます。

・桑白皮エキス(マグワ根皮エキス) メラニン色素の活動を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ美白効果と保湿効果も高いので、日焼け後のかさついた肌の手入れに有効。

・アラントイン 古い角質を除去、新しい皮膚を生成、保湿効果や抗炎症作用、抗アレルギー作用もあります。

・エンドウエキス 角質層の保湿保水に優れ、肌のハリや弾力を維持します。

・オウゴンエキス 古来より漢方薬として腹痛、胃炎の消炎として利用。肌には抗酸化、抗炎症、抗アレルギーの他に潤いを与える成分も含まれています。

・クズ根エキス SOD様作用(コラーゲン合成促進作用)シワ・タルミ改善が期待され保湿効果、チロシナーゼ活性阻害による美白効果も期待。

・クロレラエキス 保湿効果、繊維芽細胞増殖

・アロエベラエキス 角質層の水分量を増加、細胞増殖作用、肌荒れ抑制作用

・ナットウガム 長時間潤いを保つ優れた保湿効果

・シクロデキストリン 天然成分で紫外線や熱、酸化、加水分解などから有効成分を守ることで、変質を防ぎ、保存性を高めることができます。

※上記はあくまで原料メーカーによるデータです。化粧品に配合した場合、必ずしもここに掲載した働きをするものではありません。


全配合成分を見る